ブルーベリーとビルベリーにはどんな違いがあるのでしょうか?

ブルーベリーサプリと言っても、そのほとんどがブルーベリーではなく、ビルベリーを主成分としており、疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

そこで、ブルーベリーとビルベリーの違いについてお話させていただきます。


スウィーツなどに使われているブルーベリーは、ツツジ科スノキ属に分類される果樹の総称で約300種類が含まれます。
北アメリカ原産の栽培品種で、樹高は1.5〜3mほどになります。
ブルーベリーは、人の手によって品質改良された栽培種です。


一方、ビルベリーは、北欧産の野生種で、高さも20-30cm程度にしかなりません。
粒もブルーベリーより小さく、かためです。
ブルーベリーの一種ですが、日本でいう一般的なブルーベリーとは全く別のものです。
ブルーベリーとビルベリーの違いは、この栽培種か野生種かということもありますが、大きな違いは、アントシアニンの含有量にあります。

ビルベリーは、ブルーベリーの3〜5倍のアントシアニンを含んでおり、目の疲れなどに効果があるのは、ビルベリーのみです。

もちろん、ブルーベリーにもアントシアニンは含まれているのですが、その質や量は、ビルベリーの比ではありません。
そのため、眼精疲労や目の病気予防など、目の健康維持を目的とするなら、このビルベリーを摂取する必要があるのです。

ブルーベリーサプリランキング関連情報

ブルーベリーサプリの疑問にお答えしています。
ブルーベリーとビルベリーの違いをご存知ですか?
実は、ビルベリーはブルーベリーとは全く別物なのです。こちらでご紹介しています。

このページのトップに戻る